化学肥料ってどうなの?

化学肥料ってどうなの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

化学肥料と言うのは、
化学的に合成された無機肥料を言うようですね。

化学肥料で肥料の三要素の一つしか含まないものを
単肥と言うようですし、

単肥を混合して、肥料の三要素のうち二種類以上を
含むようにしたものを複合肥料と言うようです。

ですが、有機、無機に関係なく、
一種類の肥料という意味で単肥と言うこともあるようですね。

複数の単肥に化学的操作を加えて、
肥料の三要素のうち二種類以上を

含むようにしたものを化成肥料と呼ぶようですね。

化成肥料のうち、窒素、リン酸、カリの三要素の合計が
30%以上のものを高度化成、

それ以外のものを低度(普通)化成肥料と言うようです。

化学肥料には液体と固体とがあるようで、
固体の化学肥料には、粒状のものと粉状のものがあるようですが、

多くは粒状なようですね。

又、化学肥料の多くは即効性のものなようですが、
比較的水に溶けにくいく溶性の肥料や、

周囲を樹脂などでコーティングして
溶けにくくした被覆肥料など、緩効性の肥料もあるようです。

化学肥料は、含まれる成分の計算がしやすいようで、
養分が均質なようで、

まきやすいというメリットがあるようです。

液体肥料の場合は、即効性が特に強く、
すぐに養分を必要としている場合に効果的なようです。

ですが、その分、肥料がすぐ流れてしまう為、
繰り返し肥料をまくか緩効性の肥料を同時に

施してやると良いようですね。

化学肥料は扱いやすく、含まれる成分の濃度も
有機質肥料に比べて高いことから、

肥料の与え過ぎには注意が必要なようですね。

肥料を与え過ぎると、
過剰になった成分の種類によって

特徴的な過剰障害が発生することがあるようですし、
場合によっては肥料焼けを起こすこともあるようです。

土に不足している成分をしっかり把握して、
肥料の与え過ぎには十分注意しましょうね。

化学肥料が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒化学肥料

関連記事
有機肥料って?
化成肥料って?
液体肥料?
有機質肥料?

スポンサードリンク