スノーボードのワックス?

スノーボードのワックス?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スノーボードにワックスをかける目的は、
よく滑るようにする為と

滑走面の保護の為なようですね。

ワックスをかける場所は、ボードのソール、
雪面と接地する側なようですよね。

ボードのソールは、
ワックスが染みこむようにできているようで、

ソールに使われている素材は、
ある温度に暖めると開き、冷やすと閉じるようです。

スノーボードのスプレーワックスは、
簡単にワックスをかける事ができるようですが、

塗っただけだと抵抗が多くなり、
よけいに滑らないばかりか、そのままだと、

すぐにワックスが落ちてしまうようですね。

ですから、ワックスをかけたら乾燥させ、
その後でコルクを使ってソールを磨きます。

コルクですることによって、
摩擦熱でソールの素材を開かして

表面に塗ったワックスの成分を染みこませるようです。

ホットワックスかけには、アイロンを使うようですが、
温めると開く性質を利用して、

アイロンでワックスを融かしながら
ソールも温められるようなので、

ワックスが染みこむようです。

全体にかけたら、しばらく置いて冷やします。

冷やしたら、スノーボードのソール表面に
残っているワックスを削ります。

ホットワックスで使うワックスには、
ベース用とトップ用の二つあるようで、

一番最初にベース用のワックスをかけ、
次にトップ用のワックスをかけます。

初めにベースワックスをかけたほうが、ワックスの耐久性、
滑走ワックスの性能発揮に良いようです。

ですが、普通に滑走したり
ジャンプに挑戦したりする場合には、

滑走ワックスのみで十分すべる
スノーボードになるようですよ。

スノーボードのワックスが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒スノーボード ワックス

関連記事
スノーボードのウェア?
スノーボードのブランド?
スノーボードの選び方?
スノーボード初心者?
スノーボードを楽しむ?

スポンサードリンク