柿の剪定?

柿の剪定?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

柿と言うのは、
9月から11月下旬に収穫時期を迎えるようですよね。

その為、
剪定は12月から3月にかけて行うのが良いようです。

柿は本来高木性なようなので、
限られた空間で栽培するには

注意深く剪定する必要があるようですね。

日当たりや風通しを悪くする不要な枝、
込み合った枝、弱々しい枝、下向きに伸びた枝、

内側に伸びた枝を切り取り、
上を向いて勢い良く伸びた枝を切りつめていきます。

上に向かって伸びた枝を切ることで、
高さを抑えるようですね。

先端がいくつにも枝分れしている場合には、
株の外側に向いている枝を残して、

他は取り除くのが良いようです。

残した枝の先端も、外側に向いている
充実した芽のすぐ上で切るようにします。

柿の大きな特徴として、その年に実をつけた枝は
翌年に実をつけない性質があるようですよ。

その為、
柿は、枝ごと折れ、とよく言われるようです。

収穫時に、
剪定もかねてしまおうということかも・・・。

柿は、前の年に伸びた枝の先端から出た花芽に
実をつけるようで、

誤って切ってしまうと、
次の年に実を収穫できないので気をつけましょう。

柿の木は、樹勢が強く、枝も立ちやすいようなので、
日当たりや風通しを良くする為、

樹冠の内部も剪定してあげましょう。

夏の実のなる前に、
込み合って日当たりが悪くなった枝を

実のなる枝ならない枝ともに切り落とします。

桃栗3年柿8年、と言われるように、
柿は高木になりやすい半面、成長が遅いようなので、

最初のうちはできるだけ剪定を抑え、
日当たりの悪い部分を間引く程度にしておきましょう。

毎年、実を収穫するのは難しいようですが、
次第に慣れていくのでじっくりやっていきましょうね。

柿の育て方が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒柿 育て方

関連記事
梅の剪定?
松の剪定?
植木の剪定?
剪定の時期?
庭木の剪定?
剪定の方法?

スポンサードリンク