ノーザンバラムンディの特徴や飼い方?

ノーザンバラムンディの特徴や飼い方?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ノーザンバラムンディの特徴は、
鱗片の中央に三日月状の模様が入ることなようですね。

オーストラリアとニューギニアに
生息しているようです。

色は銀色なようですが、ニューギニア産の個体は
少し黒っぽいのが特徴なようで、

体型はアジアアロワナに似ているようですね。

アロワナたちもそうですが、オーストラリアは
太古の姿を留めた生物がたくさんいるようです。

今から約5000万年前に誕生した
と言われているようですが、

高等な哺乳動物が入り込まなかった為、
原始的な哺乳類が生き残ることができ、

独自の進化を遂げてきたと言われているようです。

ですが、釣り雑誌などで特集されている
バラムンディとは別種であり、

そちらの種は熱帯魚ルートで
シーパーチというインボスネームで

入荷されているようです。

ノーザン・バラムンディは現地では、
スポッテッド・バラムンディと共に

サラトガとも呼ばれているようです。

飼育については、
特に難しい点はないようですね。

性質的には、荒い面があるようで、
他の種の熱帯魚を共生させるには

注意が必要なようです。

特に、同種間で争うようなので、
体形が違った魚種を選ぶと

成功する事が多いようです。

ノーザン・バラムンディの体長は90cmで、
適した水温は25℃程度、水質はpH6前後・弱軟性で、

エサは、
アカムシや金魚、コオロギなどを好むようです。

稚魚のうちから一緒に共生させていれば
成功することが多いようです。

ノーザン・バラムンディは成長と共に
徐々に気性が激しくなるようなので、

成長と共にバランスが崩れてしまう可能性は
考慮する必要があるようですね。

ノーザンバラムンディが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ノーザンバラムンディ

関連記事
ディスカスの特徴や飼い方は?
フラワーホーンの特徴と飼い方?
ダトニオの特徴や飼い方?
シルバーアロワナの特徴と飼い方は?
スポッテッドガーの特徴と飼い方?
熱帯魚オスカーの特徴や飼い方は?

スポンサードリンク
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/446089705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。