花壇の土作り?

花壇の土作り?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

植物を花壇で健康に美しく育てる為には、
それに適した良い土を作ることが重要になるようですね。

殆どの植物は、排水の悪い状態を嫌うようなので、
ある程度、水はけが良くなければいけないようです。

かと言って、
排水性が良くなり過ぎると土が乾き、

吸収する水分が少なくなってしまう為、
ある程度の保水性も必要になるようです。

その他にも、酸素を供給する為の通気性、
土の養分を蓄える保肥性も重要なようですよ。

こういった土は、握ると軟らかいようですし、
弾力のある土になるようですよね。

土壌の中で養分を作り出すミミズなどが
住める土が作れればベストなようですよ。

花壇を作る際には、まず、30cmほど掘り起こし、
ごみや石などを取り除きます。

その後、堆肥や腐葉土などをまいて、
土とよく混ぜて一週間ほどなじませます。

この時には、乾燥しないように
適度に水分を与えるのが良いようです。

一通り混ぜたら、
土のpHをチェックしてみましょう。

日本の主な土壌は、
強酸性であることが多いようなので、

石灰を混ぜ、植物の栽培に適した
弱酸性から中性の土壌に調整してやりましょう。

もし、まき過ぎでアルカリ性になった場合には、
ピートモスなど、酸性の強い土を混ぜて

中和して下さいね。

既に花壇があって、その土を再利用する場合には、
これまでの作業の他に、

既にいる害虫の対策を
徹底して行う必要があるようです。

プランターなどの土であれば、
夏に日光消毒すれば十分なようです。

広い花壇の場合には、害虫に負けない野菜を
作る為の土壌の改良に加え、

冬場に土を掘り起こして
害虫を外気に晒して死滅させる方法をとるようです。

これらの方法が取れなかったり、
どうしても駆除できなければ薬を使うのが良いかも・・・。

土作りは重労働なんですが、
植物の育成の為にも頑張りましょうね。

花壇の土作りが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒花壇 土作り

関連記事
土作りに使われる石灰?
野菜の土作り?
家庭菜園の土作り?
プランターの土作り?
ガーデニングの土作り?
庭の土作り?

スポンサードリンク
この記事へのトラックバック