スポンサードリンク

家庭菜園の土作り?

家庭菜園の土作り?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

家庭菜園に限ったことではないんですが、
植物を育てるのに重要になってくるのが土なようですね。

作る野菜によって適した土が違うようなので、
まず作る野菜を決め、

その作物に合った土を作ることが必要になるようです。

自然農法という方法では、
土壌と植物の力だけで人の手を加えず栽培するようでが、

下準備の為に、
ある程度の土作りを行う場合もあるようです。

このような良い土で育った野菜は、
病気や害虫にも強く、勿論、味も良くなるようですね。

土作りで重要なことは、
土壌酸度、通気性、排水性、保水性、保肥性を

野菜にあわせることなようです。

家庭菜園を行う場合、一般的には、
野菜作りに適していると言われる黒土を

使う場合が多いようです。

ですが、黒土は排水性が悪いようなので、
腐葉土などを混ぜて排水性を上げてやる必要があるようです。

又、土壌によっては、酸度が強いようなので
石灰を与えて中和してやると良いようです。

そして、保肥性を高める為に、
腐葉土や堆肥を混ぜてやります。

ですが、これらの土作りが完璧でも、
害虫がいたのではどうにもなりませんよね。

害虫の駆除は、冬の間に土を掘り起こし、
寒気や風雨にさらしやると良いようです。

この時、同時に堆肥をまいて土作りも行えば、
春には堆肥がなじんだ土が出来上がっているかも・・・。

土が出来上がったら、
育てる野菜に合わせた肥料を混ぜていきます。

主な肥料は、
窒素、リン酸、カリの三種類なようですね。

これらの肥料は、野菜にあわせて
混ぜてあるものが売られているようですが、

土壌との関係で不足してしまう養分もあるようですので、
それらを補えるよう、畑の状態を調べておきましょう。

家庭菜園の土作りが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒家庭菜園 土作り

関連記事
土作りに使われる石灰?
野菜の土作り?
プランターの土作り?
花壇の土作り?
ガーデニングの土作り?
庭の土作り?

スポンサードリンク
この記事へのトラックバック