ノマディック美術館?

ノマディック美術館?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ノマディック美術館と言うのは、
グレゴリー・コルベールの造る

移動式美術館のことなようですね。

この美術館には、
グレゴリー・コルベールの写真や映像作品が

展示されているようです。

2002年にイタリアのヴェネツィアで、
ノマディック美術館が初めて開催されたようです。

元々、グレゴリー・コルベールは、
全世界で自分の作品展を開きたい、

という構想を1999年に抱いたようで、
それが実現したと言えるようです。

この作品展の名前は、Ashes&Snowで、
内部の装飾では100万個のティーバッグを使って

カーテンにしたようなんですね。

そして、照明器具に趣向を凝らして、
元々造船所であったところを

見事に美術館に変えたと言われているようです。

2005年の三月には
ニューヨークにノマディック美術館が建てられ、

ここでは日本の芸術家の坂茂が手がけたようで、
たくさんのコンテナを利用した建築だったようです。

2006年の三月にはサンタモニカ、そして、
2007年には日本にもやってきて、

日本では東京のお台場に建築されました。

更に、2008年一月には、メキシコシティーで、
建築家のシモン・ベレスによって建てられたようです。

ノマディック美術館は、
いつも最新の建築技術を用いているようなので、

内装や展示品のすべてが
大きな作品として人々に愛され続けているようです。

2009年の初めには、
ブラジルで開催されることが決まっているようです。

写真、映像、建築が一体となった
全世界を回る美術館として、新しい社会の中で、

しだいに多くの人々の注目を浴びているようですね。

美術館のことが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒美術館

関連記事
京都市美術館って?
サントリー美術館?
ジブリ美術館?
上野の森美術館って?
東京都美術館って?
国立新美術館って?

スポンサードリンク
この記事へのトラックバック