ガーデニングの雑貨?

ガーデニングの雑貨?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実際にガーデニングをする場合に
必要な道具以外に重要なのが、

植物を彩るいろいろな雑貨なようですよね。

花や草木の中に雑貨というアクセントを加えることで、
ガーデニングをより楽しむことができるはず・・・。

ガーデニングの道具と同様で、ひと口に雑貨と言っても、
その種類をあげるときりがないかも・・・。

ピックや人形などの飾り物、
園芸用の名札であるプラントマーカー、

バスケットなどの小物もあれば、
気になる部分の目隠しとなるパーテーションや

ウッドフェンス、花台、更にはテーブル、
ベンチといった大物も、

雑貨として括ることができますよね。

お店や通信販売でも様々な雑貨が取り扱われており、
気に入ったものを手に入れることができますが、

大物、小物を問わず、身の回りにあるものに手を加えて、
手作りを楽しむ方も多いようです。

ガーデニングでは、
庭ができ上がった時の嬉しさも魅力なんですが、
お金をかけずに、工夫と手間暇をかけて

庭を作り上げていく過程の楽しさもまた魅力ですよね。

雑貨はその楽しみを気軽に、
手軽に味わうことができるようですよ。

廃材や道に落ちている小枝、
100円ショップで手に入るトレーや缶、

家にある空き箱や空き容器、それに古タイヤ等も、
材料となるようですよね。

色を塗ったり、ワイヤーや紐など他のものと
組み合わせたりして手を加えると、

まるで印象の違う雑貨に変身してしまうようです。

様々な雑貨の製作過程が
インターネット上でも公開されているようです。

もし、興味のある方は、
一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

ガーデニングの雑貨を探すなら、
楽天で探すのが良いかも⇒ガーデニング 雑貨

関連記事
ガーデニング用品って?
ガーデニングの寄せ植え?
芝のガーデニング?
植木のガーデニング?
ベランダのガーデニング?
ガーデニングを始めるには?

スポンサードリンク

ガーデニング用品って?

ガーデニング用品って?と、気になってる方も
いらっしゃるかもしれませんね。

ひと口にガーデニング用品と言っても、
いろいろなものがあるようですよね。

ガーデニングを始める時に最低限必要なのは、
シャベル、じょうろ、それに、はさみなんです。

それに、土入れ、鉢、プランター、
コンテナなどの容器、剪定ばさみなど、

有ると便利な道具はいくらでもあるようですね。

身につけるものについても同様、
園芸用グローブやエプロン等の他にも、

ガーデンシューズ、帽子、長靴と、
あると便利なものはいくらでも・・・。

身に着けるものは、
一つあれば済むというものでもないようで、

用途に応じて、また洗い替え用にと、
何種類か用意しておくと便利なようです。

そして、ガーデニングは外での作業が中心ですので、
虫除けや日焼け対策も重要なようです。

UVカット素材のアームカバーや長手袋、
首の後ろまで覆うようなツバ広の帽子なども、

持っていると便利かも・・・。

こうした道具の材質やサイズ、デザイン、値段は、
勿論ピンからキリまでありますが、

ただ気に入ったものを選べば良いという訳ではなく、
はさみなら重さや握り具合などの使いやすさ、

作りの頑丈さをみることが大事なようですし、
鉢やプランターは庭の雰囲気に合ったデザイン、

素材のものを選ぶことが大事なようです。

ガーデニングが発達してきた国々では、
職人さんの作った道具が

何十年と使われ続けることが珍しくないようですよね。

機能と美しさを追求し、
丹精込めて作られた道具は、

作品として圧倒的な存在感があるようです。

そんな道具に出会い、
使うことができたら、幸せですよね。

ガーデニング用品を探したい方は、
楽天で探してみてはいかがですか⇒ガーデニング用品

関連記事
ガーデニングの雑貨?
ガーデニングの寄せ植え?
芝のガーデニング?
植木のガーデニング?
ベランダのガーデニング?
ガーデニングを始めるには?

スポンサードリンク

ガーデニングの寄せ植え?

ガーデニングの寄せ植え?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

花や緑、低木などを組み合わせて
植え込むのが寄せ植えなようですね。

初心者の方にも取り組みやすいようですし、
知れば知るほど奥も深いようです。

日当たりや温度など、育つ条件が同じ植物を
組み合わせるのが基本なようですが、

草姿や育ち方の違うものを上手に
組み合わせることで変化が生まれるようです。

植物の育つ形は、大きく分けて、
上に伸びるもの、横に伸びるもの、這う、

又は、垂れ下がるものの三タイプがあるようです。

これらを組み合わせて
立体的な変化をつけるのが良いようですね。

色の組み合わせも、大きなポイントに・・・。

淡い色で揃えたり、
一色あるいは同系色の濃淡でまとめると、

優しいイメージに仕上がり、
失敗がないようですよ。

カラーサークルで、
ほぼ反対側にある色(補色)を組み合わせると、

個性的ではっきりとした印象にまとまるようです。

鉢植えの場合には、
鉢にある程度の深さまで土を入れたら、

まずはポットのまま草花を並べ、
いろいろな角度から背の高低や色のバランスを見ます。

花が完全に終わったり、株が大きくなり過ぎて
見栄えが悪くなってきたりしたら、

部分的に植え替えて全体のバランスを整えます。

スペースのある庭の場合には、
細かな葉や花を”点”、

美しいラインを描く植物やフェンスを”線”、
大きな葉や植木鉢、背景を”面”と捉え、

何が足りないかを検証します。

”線”や”面”を感じさせる植物を積極的に配置すると、
ダイナミックな強弱やリズム感が生まれて、

遠くから眺めても
絵になる景色を作ることができるようですよ。

ガーデニングの寄せ植えを知りたい方は、
楽天で見てみて⇒ガーデニング 寄せ植え

関連記事
ガーデニングの雑貨?
ガーデニング用品って?
芝のガーデニング?
植木のガーデニング?
ベランダのガーデニング?
ガーデニングを始めるには?

スポンサードリンク