自宅用の陶芸窯?

自宅用の陶芸窯?これって、陶芸好きの方なら、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

自宅用の陶芸窯にも種類があるようで、
大きく分けると、電気、灯油、ガス、薪、炭、

など使う用途によって異なるようですね。

まず電気なんですが、これにも小型電気釜、中型電気釜、
大型電気窯横扉式、大型電気窯上扉式と種類があるようです。

灯油には、小型灯油窯、中型灯油窯、大型灯油窯、
と種類が・・・。

ガスには、プロパンガス窯や都市ガス窯が・・・。

一般的には、電気窯が多いようですが、
七輪陶芸というものもあるようですよ。

そこで、
七輪陶芸をご紹介してみますね。

七輪陶芸をするのには、まずは七輪、
市販されている一般的な丸いもので良いようです。

金属製のものなどは、七輪陶芸では、
1,300℃以上にもるようで、

溶けてしまうので止めておいた方が良いようです。

次に、さな。
これは、七輪の中に入っているもので、

炭が下まで落ちないようにしている
すのこ状のものなようですが、

高温になると割れてしまうことがあるようなので、
予備を用意しておく方が良いようです。

炭は、
一般的なもので十分なようですよ。

又、火ばさみは、陶器の焼き具合を見たり、
炭を七輪の中に入れる時などに使うと便利で安心です。

七輪陶芸は、
温度上昇が早いと失敗するようです。

それに、直火に当てたりすると
割れる原因にもなるようです。

そんな時に、
フライパンなどを使ったりもするようですよ。

温度が上昇してきた陶器を
徐々に火に近づける為に金網も便利なようです。

そして、
アルミホイルを素焼きの時に包んで使います。

陶器は、
温度の急激な変化に耐えられなくなり、

割れたり、ひびが入ったりするようです。

又、ドライヤーで送風することで七輪窯の温度は、
1,300℃を超える温度になるようです。

七輪窯なら、
一番手軽に自宅窯を持てるようですね。

さて、
あなたはどのような窯を持ちますか?

自宅用の陶芸窯が気になってる方は、
楽天で見てみてはいかがでしょう⇒自宅 陶芸 窯

関連記事
必要な陶芸用品って?
陶芸の材料って?
陶芸を通信教育で習う?
陶芸教室ってどうなの?
陶芸を始めるには?
陶芸の魅力って?

スポンサードリンク

必要な陶芸用品って?

必要な陶芸用品って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、陶芸用品について調べてみました。

先ずは、成形の小道具があるようですね。
どんなものがあるかと言うと、

彫塑べら、かきべら、特殊へら、柄こて、特殊こて、
カンナ、ポンス、型抜き、印花、切糸、切弓、
たたら板、延べ棒、たたき板、木ぐし等があるようです。

又、粘土用の小道具も必要なようですが、
どんなものがあるかと言うと、

かめ板、粘土板、粘土吸水盤、粘土ふるい、トレイ、
鋳込み用石膏型、手押し用石膏型、鋳込み成形用品、
などなようです。

施釉や絵付の小道具もあるようです。
どんなものかと言うと、

ふるい、柄杓、釉かけはさみ、比重計、釉薬保存容器、
霧吹き、乳鉢絵、具皿、スポイド、筆、上絵付け用小道具、
などがあるようです。

それに、焼成小道具も・・・。
どんなものかと言うと、

カーボランダム棚板、ムライト棚板、L型支柱、とち、
サヤ鉢、あるみな、ゼーゲンコーン、ノリタケチップ、

熱電対、窯用温度計、窯補修用品、グラインダー、
などがあるようですね。

粘土は、勿論必要ですよね。
その粘土なんですが、

各産地の粘土、窖窯用の粘土、御影土、磁器土、
カラー粘土、特殊粘土、オーブン粘土、補修用粘土、

陶紙、石膏、耐火度調整剤、練り込み絵具、
などがあるようです。

ろくろもいろいろあるようですね。
どんなものがあるかと言うと、

手ろくろ、小型電動ろくろ、大型電動ろくろ、機械ろくろ、
などがあるようです。

窯にもいろいろ種類があるようで、
小型電気窯、中型電気釜、大型電気窯横扉式、上扉式、

小型灯油窯、中型灯油窯、大型灯油窯、プロパンガス窯、
都市ガス窯、温度制御装置、窯付属用品など、

いろいろですね。

その他の機械には、
常圧式土練機、真空式土練機、タタラ成形機、ひも作り機、

ポットミル機、ミル、粉砕吹付けブース、コンプレッサー、
攪拌機、秤、など等・・・。

釉薬にも種類があるようです。それは、
粉末釉薬、液体釉薬、耐熱釉薬、楽焼釉薬、基礎釉薬、化粧泥など・・・。

釉薬原料には、土石類、天然灰、合成灰、含鉄土石類、
釉薬溶媒剤、着色剤、糊剤、溶媒剤、撥水剤、水漏れ防止剤、

ガラス粉などなようです。

下絵付けよう絵具や上絵付け用絵具、等もあるようですが、
自分の目的規模に合った用品を選択するのが良いでしょうね。

陶芸用品が気になる方は、
楽天で見てみてはいかがでしょう⇒陶芸用品

関連記事
自宅用の陶芸窯?
陶芸の材料って?
陶芸を通信教育で習う?
陶芸教室ってどうなの?
陶芸を始めるには?
陶芸の魅力って?

スポンサードリンク

陶芸の材料って?

陶芸の材料って?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

陶芸の材料と言えば、先ずは、練り土ですが、
白練り土や赤練り土があるようですが、

色で選ぶ、粘土分が多くて扱いやすいもの、
薪窯用、荒土等々あるようですね。

又、志野土手ろくろ用、志野黄色基礎土は、
混合用基礎土として使うようです。

志野白色基礎土も、
混合用基礎土として使うようですが、

焼き締るようですよ。

又、信楽白基礎土、信楽グレイ基礎土、
信楽赤基礎土、信楽黒基礎土などがあるようです。

鋳込み土・ビスクドール土、食器用土、化粧土など、
これらは板状なようですね。

鋳込み泥製造よう、つち練機をとおして
業務用に使用します。

カリオン、耐火度調整剤、陶土用分散剤、
石膏なども必要なようです。

又、透明基礎釉薬、還元用、酸化用、
釉薬を調合する為の原料・化学薬品。

合成灰・天然灰・抗菌剤。

釉薬撥水剤・釉薬抜き剤、釉薬硬化剤、水濡れ防止剤、
釉薬垂れ防止、絵の具増粘剤、下絵用高温絵の具、

色土用還元高温絵の具、色土用酸化高温絵の具、
下絵転写紙、上絵の具、低鉛、有鉛和絵の具、

メタリックカラー、金液、ラスター、イングレイズ、
エスバニア顔料、溶剤、フラックス、筆、等々ありますが、

専門店に問い合わせるとその種類は
ここでは紹介できないほどの種類があり、

その用途も多種多様にあるようです。

又、陶芸の材料は初心者向きのものから、
専門家、業者向けのものまでありますので、

どのような目的でどのような陶器を作ろうとしているのか、
今後どうしていくかなどを吟味して、

専門家のアドバイスを聞いてみることが
一番良いかもしれませんね。

陶芸の材料が気になる方は、
楽天で見てみてはいかがでしょう⇒陶芸 材料

関連記事
自宅用の陶芸窯?
必要な陶芸用品って?
陶芸を通信教育で習う?
陶芸教室ってどうなの?
陶芸を始めるには?
陶芸の魅力って?

スポンサードリンク