ウッドデッキのパーゴラ?

ウッドデッキのパーゴラ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

パーゴラと言うのは、
住宅の軒先に設ける棚のことなようですよね。

実は、リフォームでもベランダやウッドデッキの
屋根として取り付けすることができるようです。

日本庭園の藤棚やあずまやの洋風版なようです。

パーゴラはお洒落な見た目だけでなく、
家の中に入る直射日光や、

強い風を和らげる効果があるようです。

それに、目隠しや、
雨よけなどにも役立つ面もあるようですね。

ウッドデッキにパーゴラを作った方の理由なんですが、

1.デッキを長持ちさせる為の工夫が必要で、
 紫外線と雨水の侵入は数年後のイメージを
 はるかに上回るものでした。見た目も重要です。

 この為、より風合いを保ったまま、長持ちさせる為には、
 ウェスタンレッドシダーに直接、

 紫外線や雨水が当たらない工夫をしなくてはなりません。

2.寒暖に関わらず、快適に過ごす為の工夫が必要で、
 家の南面は何ら遮るものがなく、

 太陽光を十分に浴びることができますが、
 その分、夏の暑さは半端じゃなく

 何らかの遮光対策をする時期が差し迫ってました。

3.家の外観に一工夫加えたい。
 ウッドデッキに視覚的な変化を与えることによって、
 全体のボリューム感を出し、

 立体感のある家にしたいと思った。

などという事なんですが、本来パーゴラは
ウッドデッキを保護するものではありませんよね。

日陰を作り、ティータイムなどを楽しむ
くつろぎの場となったり、

ガーデニングの立体的な景観を楽しむものなんですが、
名前や形に拘らないで、

自分の目的に合った
オリジナルなパーゴラを作ってみてはいかがでしょうか。

ウッドデッキのパーゴラが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ウッドデッキ パーゴラ

関連記事
バーゴラの屋根?
パーゴラの施工例?
パーゴラをDIYで作る?
パーゴラのキット?
パーゴラの作り方?
パーゴラ?

スポンサードリンク

バーゴラの屋根?

バーゴラの屋根?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

パーゴラと言うのは、住宅の軒先に設ける棚のことで、
元々はイタリア語の葡萄棚が語源だと言われているようです。

リフォームでも、ベランダやウッドデッキの
屋根として取り付けることができるようですよ。

バーゴラの屋根には、
アーチ型屋根や平屋根タイプがあるようです。

基本的には、木と木を垂直に組み合わせて、
屋根を作るようです。

屋根の形は、
一般的に長方形であることが多いようです。

まれに、正方形や扇形、台形、菱形、
円形などの形も見られるようです。

柱をコンクリートで固めて、上部の棚を
木製で構成されているものが多いようですね。

住宅の場合は、
柱と棚が両方木製であるのが一般的なようです。

レンガの花壇のある芝庭に、もっと植物を楽しめて、
家族や友人のくつろぎの空間になるように、

庭の一角にパーゴラを設けると良いかも・・・。

そうすると、庭スペース全体を見渡せる
くつろぎのスペースになるはず・・・。

パーゴラの屋根部分には、
シエードを取り付けることによって、

暑い時期でも日陰を作ることができるようです。

取り外しも簡単にできるようですので、
台風や雪の時期も安心かも・・・。

アーチデザインのおしゃれなウッドパネルを、
隣地からの目隠し効果を計算して配置します。

庭の中心に立水栓を作ります。
高さを上げることによって、

庭のフォーカルポイントになります。

シンクの端には座ることもできます。
きっとリビングからの眺めも抜群なはず・・・。

パーゴラの下での午後のお茶とおしゃべりはとても楽しく、
仕事のことも忘れてつい長居してしまうかも・・・。

アイアンの小物やテラコッタの鉢など
ガーデングッズも効果的に使って、

ぜひ、ガーデニングを楽しみましょう。

バーゴラが気になる方は、
楽天で見てみて⇒バーゴラ

関連記事
ウッドデッキのパーゴラ?
パーゴラの施工例?
パーゴラをDIYで作る?
パーゴラのキット?
パーゴラの作り方?
パーゴラ?

スポンサードリンク

パーゴラの施工例?

パーゴラの施工例?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

パーゴラと言うのは、
住宅の軒先に設ける棚のことなんですが、

ベランダやウッドデッキの屋根として、
ツル性の植物などを絡ませ楽しむことができるんです。

パーゴラは大掛かりな日曜大工として、
手作りで楽しんでいる方も年々増えているようですね。

そこで、
パーゴラの施工例をご紹介してみますね。

門扉から玄関までのアプローチの曲線と、
敷石のテラス部分を分離する為に、

低いレンガの塀を作り、その塀から柱を立ち上げて、
アプローチ部分にパーゴラを作ってみました。

先ずは
1.低いレンガの塀を作ります。
  塀を作る部分の芝生を剥がし、少し掘って砂利を敷き、
  レンガを積みモルタルで固定します。

  塀の上面からパーゴラの柱を立ち上げる為の金具を、
  モルタルに埋め込むすみます。

2.材木を加工し、塗装もしておきます。
  あらかじめ用意した設計図をもとに、
  長さをカットして切り込みをいれます。

  取り付けの段で楽する為に、
  木ネジ用の下穴もあらかじめ開けておきます。

  加工したら早速組み立てたいところだけれど、
  そこはぐっとがまんして、先に塗装もしてしまいます。

3.材木を組立てはじめます。
  まず、粱受けを外壁にとりつけます。
  上部隙間には、コーキングをしておきます。

4.柱を立てて粱を取り付けます。
  あらかじめ柱と粱を直角に取り付けてから、

  柱を取り付ける方法にしました。

  ひととおり柱が立ったら、あとは粱を柱の両面から
  挟むような形で木ネジで取り付けます。

  あとは、このバーゴラにバラや、
  ブドウなどを絡ませると完成なんです。

パーゴラの施工が気になる方は、
楽天で見てみて⇒パーゴラ 施工

関連記事
ウッドデッキのパーゴラ?
バーゴラの屋根?
パーゴラをDIYで作る?
パーゴラのキット?
パーゴラの作り方?
パーゴラ?

スポンサードリンク