熱帯魚のお店のティアラ?

熱帯魚のお店のティアラ?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

熱帯魚を取り扱うお店は、
数多くあるようですが、

その中で、大宮と横浜に店舗を持つ大型店が
ティアラなようですね。

関東圏では、
安くて大きい店として有名なようです。

どちらの店舗も駐車場があるようで、
車で買い物ができるとっても利用しやすいお店なようです。

ここでは、2007年に
町田から移転した横浜店についてご紹介してみますね。

横浜店は、日本最大級となる
約250坪もの売り場面積を誇っているようです。

ティアラと言えば水草、
と言うほど水草に力を入れているようで、

巨大な水槽に溢れんばかりの水草が
整然と並んでいるようですよね。

初心者向けからマニアックな水草まで
数多く取り揃えているようです。

熱帯魚も二階フロア全体を利用し、
数多くの熱帯魚が泳いでいるようですね。

それに、
大型魚やエビ類も充実しているようです。

三階には海水魚コーナーを設け、
あらゆるニーズに応えられるようになっているようです。

勿論、エサや機材も豊富に揃っているようですので、
熱帯魚の飼育に必要なものは、

全てここで手に入れることができるようですね。

横浜店では犬や季節の昆虫なども扱っているようで、
熱帯魚を見たついでによって見る、

というのもありかも・・・。

勿論、
ワンちゃん目当てに行ってもいいですよ。

又、
ティアラではインターネット通販も行っているようで、

全国へ発送を行っているようですね。

その他、ホームページに各店の新着、入荷情報の他、
熱帯魚、海水魚、水草、エビ、犬、金魚、コリドラス、

国産グッピー、プレコのブログがあり、
それぞれの最新情報や、

セール情報を簡単に確認することができるようです。

東京近辺の方で、熱帯魚に興味を持った方は
ぜひ行ってみてはいかがでしょう?

因みに、営業時間は、12:00〜20:00と
やや遅い開店なので気をつけて下さいね。

熱帯魚が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒熱帯魚

関連記事
グッピーの特徴や飼い方は?
熱帯魚ベタの特徴と飼い方は?
熱帯魚の通販?
熱帯魚を飼育する為の水槽は?
熱帯魚の飼い方は?
熱帯魚の魅力って?

スポンサードリンク

熱帯魚の通販?

熱帯魚の通販?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

熱帯魚と言うのは、
熱帯地域に生息する魚類を指すようですね。

それらの魚類を鑑賞目的で飼育する行為を
単に熱帯魚と称する場合もあるようですが、

稀に、
熱帯域以外の魚類をこう呼ぶこともあるようです。

小型熱帯魚から大型熱帯魚や大人気の
ディスカス・アロワナ・金魚など観賞魚は、

ネット通販で買い求めることができるようです。

ネット上の「e-shops」の熱帯魚・淡水魚を扱う
店舗ランキングでは、

一位は、熱帯魚・水草・商品通販専門店の
レヨンベールアクアなようです。

熱帯魚・水槽用品や関連器具を通販している専門店で、
取扱商品点数は10,000点以上なようですね。

二位は、熱帯魚・海水魚・水草・水槽飼育販売店の
ティアラ通販なようです。

神奈川県や埼玉県で熱帯魚・海水魚・水草・
水槽飼育用品を店舗で販売している専門ショップの
通販販売店なようです。

三位は、アクアショップ 水槽屋さんの
アクアリウムなようですね。

アクアショップ 水槽屋さんは、
熱帯魚・金魚・観賞魚用の小型、中型、大型水槽、

それに、インテリアを扱っているようです。

四位は、熱帯魚の通販ショップの
フィッシュショップ プレシャスなようです。

インターネット専門の熱帯魚通販サイトなようです、
安心・安価をモットーに、小型熱帯魚から

大型熱帯魚まで様々な種類を販売中なようです。

五位は、ペットのデパート東葛の
金魚部なようです。

浜錦や地金・高頭パールなどの金魚の
通販をしているようです。

熱帯魚を通販で買い求めるには、
購入後のトラブルを防止する為にも、

信頼のおける業者と取引することが大切なようです。

上記のようなランキングや評価を参考にして
取引業者を決めると良いかも・・・。

熱帯魚の通販が気になる方は、
楽天で見てみて⇒熱帯魚 通販

関連記事
グッピーの特徴や飼い方は?
熱帯魚ベタの特徴と飼い方は?
熱帯魚のお店のティアラ?
熱帯魚を飼育する為の水槽は?
熱帯魚の飼い方は?
熱帯魚の魅力って?

スポンサードリンク

熱帯魚を飼育する為の水槽は?

熱帯魚を飼育する為の水槽は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

熱帯魚を飼育する為に必要なものは、
まず水槽がありますよね。

小さい水槽だと水質の維持が難しくなるようで、
やはり、大き目のものを用意するといいでしょう。

そして、水質や水温を維持する為の
ろ過装置とヒーター、水温計も・・・。

それに、魚の鑑賞と水草の光合成の為の
照明や飾りを用意しましょう。

ろ過装置は、上部式フィルターと呼ばれるものが、
手入れや設置が楽で良いようです。

温度に敏感な熱帯魚の為に、
ヒーターと水温計で常に水温を確認しましょう。

暑い地域では、
クーラーも必要なようですね。

水草を植える場合には、
砂利が必要になるようです。

この砂利なんですが、
他にも色々な働きをしてくれるようなので、

入れておくと便利なようです。

そして、器具を用意したら、
水槽の置き場所を決めましょう。

まず静かで、
水槽が安定する場所を選びます。

直射日光が当たる場所は、
コケが繁殖して大変なことになる上、

夏場の温度管理も難しいので避けます。

水槽に水を入れて器具を設置すると
数10キロにもなるようなので、

土台のしっかりした場所を選んで下さいね。

場所が決まったら、
水槽をセットしましょう。

砂利を使う場合は、まず砂利を敷き、
ヒーターと水温計を設置します。

ヒーターのコンセントを入れると、
大変なことになるようなので、

まだ入れてはいけませんよ。

飾り等を設置したら水を入れますが、
水道水そのままだと魚がすめないようなので、

中和剤を入れるか、
長時間置いておくとカルキが抜けるようです。

器具も設置して、水のカルキも抜いたら魚を投入、
というわけにはいきませんよ。

実は、魚のすみやすい水質にする為に、
一週間ほどかけてバクテリアを繁殖させなければなりません。

それぞれの魚にあった環境を作ってから魚を放しましょう。

熱帯魚の水槽が気になる方は、
楽天で見てみて⇒熱帯魚 水槽

関連記事
グッピーの特徴や飼い方は?
熱帯魚ベタの特徴と飼い方は?
熱帯魚のお店のティアラ?
熱帯魚の通販?
熱帯魚の飼い方は?
熱帯魚の魅力って?

スポンサードリンク