ノーザンバラムンディの特徴や飼い方?

ノーザンバラムンディの特徴や飼い方?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ノーザンバラムンディの特徴は、
鱗片の中央に三日月状の模様が入ることなようですね。

オーストラリアとニューギニアに
生息しているようです。

色は銀色なようですが、ニューギニア産の個体は
少し黒っぽいのが特徴なようで、

体型はアジアアロワナに似ているようですね。

アロワナたちもそうですが、オーストラリアは
太古の姿を留めた生物がたくさんいるようです。

今から約5000万年前に誕生した
と言われているようですが、

高等な哺乳動物が入り込まなかった為、
原始的な哺乳類が生き残ることができ、

独自の進化を遂げてきたと言われているようです。

ですが、釣り雑誌などで特集されている
バラムンディとは別種であり、

そちらの種は熱帯魚ルートで
シーパーチというインボスネームで

入荷されているようです。

ノーザン・バラムンディは現地では、
スポッテッド・バラムンディと共に

サラトガとも呼ばれているようです。

飼育については、
特に難しい点はないようですね。

性質的には、荒い面があるようで、
他の種の熱帯魚を共生させるには

注意が必要なようです。

特に、同種間で争うようなので、
体形が違った魚種を選ぶと

成功する事が多いようです。

ノーザン・バラムンディの体長は90cmで、
適した水温は25℃程度、水質はpH6前後・弱軟性で、

エサは、
アカムシや金魚、コオロギなどを好むようです。

稚魚のうちから一緒に共生させていれば
成功することが多いようです。

ノーザン・バラムンディは成長と共に
徐々に気性が激しくなるようなので、

成長と共にバランスが崩れてしまう可能性は
考慮する必要があるようですね。

ノーザンバラムンディが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒ノーザンバラムンディ

関連記事
ディスカスの特徴や飼い方は?
フラワーホーンの特徴と飼い方?
ダトニオの特徴や飼い方?
シルバーアロワナの特徴と飼い方は?
スポッテッドガーの特徴と飼い方?
熱帯魚オスカーの特徴や飼い方は?

スポンサードリンク

ディスカスの特徴や飼い方は?

ディスカスの特徴や飼い方は?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ディスカスと言うのは、南米のアマゾン川流域に
生息するシクリッドの種類の仲間なようですが、

その名前は、体型が円盤(ディスク)のような
形をしていることから付けられたようですね。

熱帯魚ディスカスの原種については、
原種ディスカスは、

改良種に比べると色合いが比較的地味なようなので、
人気が低く見られがちな熱帯魚なようですね。

しかしながら、手を加えない自然の美しさには、
人工美にはない奥深い魅力があるようですね。

エサは水生昆虫や動物性、植物性の
プランクトンを好んで食べるようです。

卵は、一度に50個〜300個ほど産むようで、
両親で卵を守っていくようです。

ディスカスの卵は数日で孵化して、その後、
親魚は体からディスカスミルクと呼ばれる

粘液を出して稚魚に吸わせて両親で育てていくようですね。

ディスカスを購入して、自分で育てる場合は、
水槽の中の水質は酸性から中性(pH5.5〜7)だと

良く育つと言われているようです。

水で大事なことは、魚の排泄物や
餌の食べ残しによってできるアンモニアの濃度が、

限りなくゼロに近い軟水が良いと言われているようです。

熱帯魚用の水質は、市販の水質テストキットで
簡単に調べることができるようなので、

水槽の水の水質がどうなのかを良く把握して、
まめにチェックする習慣をつけるのが良いかも・・・。

飼育していると、
一度は病気になると言われているようですが、

熱帯魚の病気の多くは、
水槽の環境状態に原因があることが殆どなようです。

病気に関してはいろいろとあるようですが、
こまめに観察して早期に手当てすることが大事なようですね。

熱帯魚のディスカスが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒熱帯魚 ディスカス

関連記事
ノーザンバラムンディの特徴や飼い方?
フラワーホーンの特徴と飼い方?
ダトニオの特徴や飼い方?
シルバーアロワナの特徴と飼い方は?
スポッテッドガーの特徴と飼い方?
熱帯魚オスカーの特徴や飼い方は?

スポンサードリンク

フラワーホーンの特徴と飼い方?

フラワーホーンの特徴と飼い方?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

フラワーホーンと言うのは、
マレーシアのブリーダーが所有する池に

複数のアメリカンシクリッドが飼育されていた中から、
偶然にもノーマル体色のフラミンゴ・シクリッドと

トリマクラートゥスがペアになり
産卵に至ったとされているようですね。

フラワーホーンという呼称が
広く知られるようになったのは、

2001年シンガポールで行われた
アクアラマが最初なようです。

それから約半年で、東南アジア諸国、台湾、
香港などで大流行したようです。

シンガポールでは、日本のコンビニ並みの数で
フラワーホーン専門店ができたそうです。

このフラワーホーンは、その観賞価値だけで
流行したわけではないようです。

フラワーホーンのアゴ下から広がっている赤い色彩は、
マレーシアの華僑の間では、

幸運の象徴とされているからでもあるようです。

飼育は、容易なようで
食欲旺盛で何でも食べるようです。

飼育個体のサイズにもよるようですが、
よく販売されている幼魚(10cm位)であれば、

45cm以下の小型水槽でも
飼育をスタートすることができるようです。

飼育方法は、他の種との共生は避けて、
単独での飼育が良いようですね。

飼育に関しては、やはり初心者の方や
予算的に無理な方には厳しいかも・・・。

フラワー・ホーンの餌としては、
様々な人工飼料や冷凍飼料、生餌など

観賞魚の餌として販売されているものは、
殆ど好んで食べてくれるようなので、

観賞魚のサイズと生育状態に合わせて
毎日二回以上与えるのが良いようです。

フラワーホーンに限らず、
熱帯魚飼育全般に当てはまることなようですが、

やはり水質管理、清潔さと適温管理が
病気などを防ぐ重要な条件になるようですので、

注意してあげましょうね。

熱帯魚のフラワーホーンが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒熱帯魚 フラワーホーン

関連記事
ノーザンバラムンディの特徴や飼い方?
ディスカスの特徴や飼い方は?
ダトニオの特徴や飼い方?
シルバーアロワナの特徴と飼い方は?
スポッテッドガーの特徴と飼い方?
熱帯魚オスカーの特徴や飼い方は?

スポンサードリンク