そば打ち教室ってどうなの?

そば打ち教室ってどうなの?と、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

蕎麦って、基本的には、
ソバ粉とつなぎと水で作られるようですよね。

そして、つなぎの小麦粉の割合に応じて、
十割蕎麦(生粉打ち蕎麦)、九割蕎麦、

八割蕎麦(二八蕎麦)、七割蕎麦、六割蕎麦などと
名称が変わるようです。

蕎麦の栄養価やレシピなどは、
本やインターネットでも知り得ることもできますが、

本格的な手打ち蕎麦を自分の手で作ってみたい、
という方の為に、

全国各地で手打ち蕎麦作りを学べる教室や、
施設がたくさんあるようです。

実際のお蕎麦屋さんであったり、郷土博物館や温泉宿など、
様式に合わせたスタイルで

蕎麦打ちを体験することができるようですね。

中でも市民会館などの調理実習室で催す
手打ちそば教室が情報を得やすいようで、

身近に利用できると人気なようです。

実際に、そば職人(講師)の方を招き、
本格的な手打ち蕎麦の作り方をいちから学べるようです。

たいていは定員に限りがあるようで、
事前に申し込みが必要なようですね。

費用は、主催する教室によって異なるようですが、
実食分と若干の持ち帰り分を含めて、

3,000円〜4,000円位が平均のようです。

又、十割蕎麦か八割蕎麦(二八蕎麦)など、
自分が学びたい蕎麦の種類や

受講の確認をしておくことも必要なようですし、
初心者コースかプロ修行コースなども

申し込み段階で内容を確認しておくと良いかも・・・。

本格的すぎて、取れたてのソバ粉を
石臼で挽くところから教える教室もあるようですね。

その人その人の目的に沿った実践であったり、
役立つ習得の仕方がベストだと思われますが・・・。

蕎麦打ち、上手にできて、
ご家族にふるまってあげたいですよね。

そば打ちを頑張って下さいね。

そば打ちの入門が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒そば打ち 入門

関連記事
蕎麦打ちセット?
そば打ち台も大切?
蕎麦打ちの道具って?
そば打ちの体験ってできる?
蕎麦の打ち方は?
そば打ちって?

スポンサードリンク

蕎麦打ちセット?

蕎麦打ちセット?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

蕎麦と言うのは、基本的に蕎麦粉とつなぎと
水で作られるようですが、

つなぎに使用する小麦粉の配合割合に応じて、
十割蕎麦(生粉打ち蕎麦)、九割蕎麦、八割蕎麦(二八蕎麦)、

七割蕎麦、六割蕎麦などと名称が変わるようですね。

又、山芋、こんにゃく、布海苔などをつなぎとして
使用する蕎麦もあるようで、

独特の食感やコシができるようです。

蕎麦は栄養価の高い人気食なようで、
家庭で蕎麦を打つ人も増えているようですね。

先ず、手打ち蕎麦を作る始めの準備は、
道具を揃えることからなんですよね。

その道具としては、そばこね鉢(本鉢)、そばまな板(麺台)、
そばのし棒(麺棒)、そばこま板、そば包丁(麺切包丁)、

ゆで鍋、上げザル、振りザルなどが必要となるようです。

本鉢というのは、
元々銀杏(いちょう)の木などをくりぬいたものや、

プロは漆塗りされたものを使うようですが、
高価なようなので、ステンレスのボウルで

十分代用できるようです。

その他、麺切りの包丁も
幅の広い特殊な形をしている専用のものなようです。

本格的に、手打ち蕎麦を作りたい、という声と、
自宅で気軽に、という声を反映して、

家庭用麺打ちセット、初心者セット、
などセット販売が人気をよんでいるようです。

このセットには、
手打ち蕎麦作りに欠かせない必要な道具を、

一式で揃えられているようですね。

手打ち蕎麦の作り方手順のDVDや、
レシピなども付属でついているのもあるようですよ。

いずれにせよ、初心者の方が道具を用意するには、
セット販売で揃え、購入した方が求めやすいかも・・・。

蕎麦打ちセットが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒蕎麦打ちセット

関連記事
そば打ち教室ってどうなの?
そば打ち台も大切?
蕎麦打ちの道具って?
そば打ちの体験ってできる?
蕎麦の打ち方は?
そば打ちって?

スポンサードリンク

そば打ち台も大切?

そば打ち台も大切?これって、どういう事?
と、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

手打ち蕎麦と言うのは、
蕎麦粉選び、水回し、捏ね、延し、切り、茹で、

この6つの手順と言われているようですよね。

手打ち蕎麦には、専用の道具や技術があるようですが、
美味しい蕎麦を作る為には、

どの道具もどの手順も欠かせないようです。

その中でのそば打ち台は、
まさに蕎麦打ちの桧舞台になるようです(笑

そば打ち台は、そこそこの場所が必要なようで、
麺を延ばすたびに大きな板や家庭のテーブル等で

代用しているのが現状なようですね。

最近では折りたたみ式で
持ち運びができるようになっていたり、

麺棒置き用のくぼみや引き出しなど、
市販されているものでも、

細部に工夫がされた便利なものも出てるようです。

蕎麦打ち台は真っ直ぐでなければいけない、
と思いがちなようですが、

多少のたわみが体への負担を
軽減してくれる働きがあるようですね。

理想的には、打ち台の前方を
壁面などに載せるようにして固定し、

手前は二本の足で支えるのが
良い姿勢と言われているようです。

その際に、前方を若干上げて置くと
麺棒が自然に手前に戻ってくるようですよ。

足を四つ足に組んで机のようにすえる場合は、
麺打ち台の奥の足の下に、

ボール紙などを用いて
若干の傾斜を付けた方が良いようですよ。

そして、
何よりも打ち台の高さは一番重要なようです。

高過ぎると力の掛かり具合に影響して
作業効率が落ちてしまうようですし、

低いと腰への負担が大きくなるようですね。

身長の個人差がありますが、目安としては、
手首のくるぶし当りに打ち台の面(表面・トップ)が

くる位の高さが理想的なようですよ。

そば打ちの台が気になってる方は、
楽天で見てみて⇒そば打ち 台

関連記事
そば打ち教室ってどうなの?
蕎麦打ちセット?
蕎麦打ちの道具って?
そば打ちの体験ってできる?
蕎麦の打ち方は?
そば打ちって?

スポンサードリンク