土作りに使われる石灰?

土作りに使われる石灰?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

土作りに使われる石灰には、
苦土石灰、有機石灰、消石灰等があるようです。

これらは土壌が強酸性の場合に、
一般的に植物の栽培に適していると言うわれる

弱酸性から中性に中和する為に用いられるようです。

この他に、カルシウムが不足した土壌に
消石灰をまいてカルシウムを、

マグネシウムが不足した場合には、
苦土石灰をまいてマグネシウムを

補ってやる場合もあるようです。

では、
どのくらい施せば良いんでしょう?

本や袋などにおおよその目安の量が
書かれているようですが、

土壌の様子がいつも一緒というわけではないようなので、
こまめに土壌をチェックして、

石灰をまくかどうかを見極める必要があるようですね。

この土壌チェックを怠って、むやみに石灰をまくと
栽培に適さないアルカリ性の土壌になってしまう上、

土が固くなってしまうようです。

土壌のpHをチェックする場合、
土2:水5で攪拌したものにテスターをあてます。

あるいは、少し湿らせた土に
そのまま差し込むタイプのテスターもあるようなので

そちらを使っても良いかも・・・。

土壌のpHを調整する場合は、
強アルカリの無機石灰を利用すると良いようです。

土壌のpHのチェックができない場合、
牡蠣殻石灰や貝化石といった効果が緩やかな

有機石灰を使うとアルカリに傾くことも少なく、
消石灰に比べ、他の養分も含まれているので

不足したカルシウムを補う場合に
土壌にもやさしいかも・・・。

有機石灰と無機石灰のどちらの石灰にも、
メリットとデメリットがあるようなので、

状況にあったものを効果的に利用しましょうね。

土壌のpHのチェックが気になる方は、
楽天で見てみて⇒土壌 pH チェック

関連記事
野菜の土作り?
家庭菜園の土作り?
プランターの土作り?
花壇の土作り?
ガーデニングの土作り?
庭の土作り?

スポンサードリンク

野菜の土作り?

野菜の土作り?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

家庭菜園を作るにあたって、
重要になってくるのが土なようですよね。

作る作物によって適した土が違うようなので、
まずどの作物を作るかを決めて、

その作物に合った土を作ることが必要になるようです。

理想は、植えたらほったらかしでも十分育つ、
いわゆる自然農法が可能な土なんですが、

痩せた土しかない場合には、
それを作物が育つ土に作り上げることになります。

良い土で育った野菜は、病気や害虫にも強く、
勿論、味も良くなるようですね。

まず行うのは、
作物に合わせて土を混ぜ合わせることなようです。

まず、水はけや通気性など、
作物に適した土を混ぜ合わせておきます。

続いて、
肥料で土に養分を与えます。

野菜の生長には窒素、リン酸、カリの
三種類のバランスが大事なようです。

現在は作物に合わせて、
配合してある市販品も多数あるようですし、

家庭では調べにくいようですが、
不足している成分が分かれば、

それだけ購入することもできますよね。

又、肥料は、家庭でも野菜くずや魚かすで
簡単に作れるので手作りしてみても良いかも・・・。

ですが、堆肥は効果がゆっくりなようなので
一ヶ月前くらいからまいておくのが良いようですね。

肥料のまき過ぎは、逆に野菜を傷めるようですし、
葉物野菜の場合は人体にも有害になる場合があるようで、

必要以上にまかないよう注意しましょうね。

堆肥や有機肥料をまくことで、土に微生物が住み、
より自然に近い状態の土ができ上がるようです。

ある程度土ができ上がったら、
土壌のpHを調整をします。

野菜の多くは、
弱酸性から中性の土壌を好むようですが、

多くの土は酸性であることが多いようですので、
石灰をまいてpH値を野菜に合った値に調整してやります。

土作りは手探りな部分が多いようですが、
良い野菜を作るのに欠かせない作業なようですので、

しっかりと取り組みましょうね。

野菜の土作りが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒野菜 土作り

関連記事
土作りに使われる石灰?
家庭菜園の土作り?
プランターの土作り?
花壇の土作り?
ガーデニングの土作り?
庭の土作り?

スポンサードリンク

家庭菜園の土作り?

家庭菜園の土作り?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

家庭菜園に限ったことではないんですが、
植物を育てるのに重要になってくるのが土なようですね。

作る野菜によって適した土が違うようなので、
まず作る野菜を決め、

その作物に合った土を作ることが必要になるようです。

自然農法という方法では、
土壌と植物の力だけで人の手を加えず栽培するようでが、

下準備の為に、
ある程度の土作りを行う場合もあるようです。

このような良い土で育った野菜は、
病気や害虫にも強く、勿論、味も良くなるようですね。

土作りで重要なことは、
土壌酸度、通気性、排水性、保水性、保肥性を

野菜にあわせることなようです。

家庭菜園を行う場合、一般的には、
野菜作りに適していると言われる黒土を

使う場合が多いようです。

ですが、黒土は排水性が悪いようなので、
腐葉土などを混ぜて排水性を上げてやる必要があるようです。

又、土壌によっては、酸度が強いようなので
石灰を与えて中和してやると良いようです。

そして、保肥性を高める為に、
腐葉土や堆肥を混ぜてやります。

ですが、これらの土作りが完璧でも、
害虫がいたのではどうにもなりませんよね。

害虫の駆除は、冬の間に土を掘り起こし、
寒気や風雨にさらしやると良いようです。

この時、同時に堆肥をまいて土作りも行えば、
春には堆肥がなじんだ土が出来上がっているかも・・・。

土が出来上がったら、
育てる野菜に合わせた肥料を混ぜていきます。

主な肥料は、
窒素、リン酸、カリの三種類なようですね。

これらの肥料は、野菜にあわせて
混ぜてあるものが売られているようですが、

土壌との関係で不足してしまう養分もあるようですので、
それらを補えるよう、畑の状態を調べておきましょう。

家庭菜園の土作りが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒家庭菜園 土作り

関連記事
土作りに使われる石灰?
野菜の土作り?
プランターの土作り?
花壇の土作り?
ガーデニングの土作り?
庭の土作り?

スポンサードリンク