大阪市立美術館?

大阪市立美術館?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

大阪市立美術館と言うのは、
大阪市天王寺区茶臼山町1-82 にある

美術館なようですね。

もともとは、
住友家本邸のあった場所だったようです。

美術館の建設を目的に、
日本庭園「慶沢園」とともに住友家から

敷地を寄贈されて、1936年(昭和11年)5月に
開館したようです。

美術館の建物は、伊藤正文と
海上静一によって設計されたようですね。

美術館は、設立当初の本館と、
平成4年に美術館の正面地下に新設した

地下展覧会室からなるようです。

日本の国公立美術館の中でも
歴史が古い美術館なようですね。

本館陳列室では、特別展覧会や
常設展示を開催しているようです。

市による購入の他、寄贈によって集まった
日本や中国の絵画、彫刻、工芸など

8,000件をこえる収蔵品と、社寺などから
寄託された作品が所蔵されているようです。

作品には国宝や、重要文化財に
指定された作品も多く含まれているようですね。

狩野宗秀 『四季花鳥図』 、
尾形光琳 『燕子花図』『円型図案集』、

池大雅 『竹林書屋図』 、葛飾北斎 『潮干狩図』など。

又、佐伯祐三 『パリの教会』(1924年)、
『パリの裏街』(1924年) といった、所蔵品が、

あるようですね。

東洋美術の宝庫と言えるような、
美術館かも・・・。

特別展や常設展にあわせて、随時学芸員が
それぞれの専門分野の展示作品についての

解説を行ってるようです。

美術団体展を複数並行して行える
地下展覧会室(4室)は、

常時様々な美術団体が主催する展覧会を
開催しているようですね。

又、併設されている美術研究所では、
素描や絵画、彫塑の実技研究を行っているようです。

美術館が気になる方は、
楽天で見てみて⇒美術館

大阪市立美術館が気になる方は、
楽天トラベルで見てみて⇒大阪市立美術館

大阪市立美術館までの道のり⇒大阪市立美術館

関連記事
横浜美術館?
原美術館?
出光美術館?
国立西洋美術館?
森美術館?
六本木の国立新美術館?

スポンサードリンク

横浜美術館?

横浜美術館?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

横浜美術館は、
神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目4番1号

にあるようですね。

1989年3月に、
横浜博覧会の施設として開設されたようです。

その後、同じ年の
11月3日に開館した美術館なようですね。

コレクションには、ダリ、マグリット、ミロ、ピカソ、
セザンヌなどの作家の作品があるようです。

又、幕末や明治以来の横浜にゆかりの深い
作家の作品など幅広く収集しているようです。

横浜美術館は、
展覧会を見るということだけではなくって、

見る、作る、学ぶ、の連携を基本方針
として設立されたようですね。

創作体験の場としての市民のアトリエ、
子どものアトリエでの各ワークショップが

開催されるようです。

又、「学ぶ」として、
美術情報センターにおいて、内外の美術図書や

ビデオ作品などを公開しているようです。

そして、アートな世界に、
気軽に触れることができるようにと、

企画展開催中には入場無料の
クラシック・ライブ、と言うミニコンサートが

開催されたりもするようですよ。

勿論、カフェスペースやレストランもあるようで、
アートの余韻にひたりながら素敵なひと時を

過ごすことができるようです。

又、横浜美術館では、多くの市民が美術館運営に
関わってもらおうということから、

ボランティアの募集を行っているようです。

美術館を利用する来館者の幅を広げる事を趣旨として、
各活動の申込み条件に合致し、

やる気をもって参加できるのであれば
どなたでも参加することができるようですよ。

美術館は、作品を眺めるだけではなく、
貴重な時の過ごし方ができるスペース、

と言えるかもしれませんね。

美術館が気になる方は、
楽天で見てみて⇒美術館

横浜美術館が気になる方は、
らくてんトラベルで見てみて⇒横浜美術館

横浜美術館までの道のり⇒横浜美術館

関連記事
大阪市立美術館?
原美術館?
出光美術館?
国立西洋美術館?
森美術館?
六本木の国立新美術館?

スポンサードリンク

原美術館?

原美術館?これって、気になってる方も
いらっしゃるかもしれませんね。

原美術館 (はらびじゅつかん) と言うのは、
原俊夫氏が設立した現代美術を中心とした

私立美術館なようですね。

建物は、東京ガス会長、日本航空会長、
帝都高速度交通営団(営団地下鉄)総裁などを歴任した、

実業家の原邦造氏の邸宅だったようです。

原邦造氏の先代の原六郎氏も実業家なようで、
美術品収集家として知られているようです。

JR品川駅高輪口より、
徒歩で15分程度なようですね。

住宅街の中にある原美術館は、
戦前の個人邸宅の雰囲気を残した建物と

現代美術とが不思議に調和していて、
都会の中にあるということを忘れてしまうような、

そんな佇まいになっているようでよねす。

現在、原美術館として活用されている邸宅は、
上野の東京国立博物館本館や

銀座の和光本館(旧服部時計店)の設計で知られる、
当時の代表的な建築家である渡辺仁氏の設計によるようです。

1938年に竣工したこの建物も、
見どころの一つと言えるかも・・・。

庭に、
多田美波氏や関根伸夫氏などの作品があるようですよ。

1979年の開館以来、年3回〜4回の展覧会や
講演会、パフォーマンスなどのイベントを通じて

各国の現代美術を紹介しているようです。

所蔵作品には、1950年代以降の
現代美術作品が約850点ほどがあるようですね。

ジャン=ピエール・レイノー、宮島達男、森村泰昌、
草間彌生、須田悦弘、辰野登恵子、

ジャン・デュビュッフェ、ロバート・ラウシェンバーグ、
シンディ・シャーマン、アンディ・ウォーホル、

横尾忠則、セザール、アレキサンダー・カルダー、
荒川修作、中山ダイスケ、周鉄海、

といった作家の作品なようです。

中庭を臨むカフェと
ショップも併設されているようですね。

美術館が気になる方は、
楽天で見てみて⇒美術館

原美術館までの道のり⇒原美術館

関連記事
大阪市立美術館?
横浜美術館?
出光美術館?
国立西洋美術館?
森美術館?
六本木の国立新美術館?

スポンサードリンク