国立西洋美術館?

国立西洋美術館?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

国立西洋美術館(The National Museum of Western Art)は
西洋の美術作品を専門とする美術館なようですね。

東京都台東区の上野公園内にあり、
独立行政法人国立美術館が運営しているようです。

国立西洋美術館には、
印象派など19世紀から20世紀前半の

絵画や彫刻を中心とする、
松方コレクションが収蔵されているようです。

松方幸次郎氏は、20世紀初めにフランスで
多くの美術品を収集したようですね。

ですが、コレクションは第二次世界大戦後、
フランス政府により敵国資産として

差し押さえられていたようですが、
その、松方コレクションが、

日本に返還される際の条件として、
国立西洋美術館が建設されることになったようです。

本館の設計は、フランス人建築家の
ル・コルビュジエによるようですが、

彼の弟子である前川國男や坂倉準三、吉阪隆正が、
実施設計や監理に協力し完成したようです。

国立西洋美術館設立20周年の年(1979年)には、
本館と一体に機能するように新館が増築されたようです。

本館は、1998(平成10)年、
地域に根ざした優れた公共施設として

当時の建設省より、
公共建築百選に選定されているようです。

その後、企画展示館は、21世紀に向けた
企画・特別展、修復保存、美術教育、

情報資料部門等を中心とした美術館活動の
一層の充実を図る目的で建設されたようです。

現在は、松方コレクションに加えて、
創立以来毎年購入している

ルネサンス以降20世紀初頭までの作品、
および寄贈・寄託作品を常設展として、

年間を通して開催されているようですね。

美術館が気になる方は、
楽天で見てみて⇒美術館

国立西洋美術館が気になる方は、
らくてんトラベルで見てみて⇒国立西洋美術館

国立西洋美術館までの道のり⇒国立西洋美術館

関連記事
森美術館?
六本木の国立新美術館?

スポンサードリンク

森美術館?

森美術館?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

森美術館(もりびじゅつかん)は、
東京都港区六本木六丁目の

六本木ヒルズ森タワー53階部分に
位置しているようですね。

森アーツセンターの
核となる美術館施設なようです。

地上約230m(53階)に美術館をつくる
驚くべき発想という点でも、この、美術館自体を、

大きなアートとして、
捉えても良いかもしれませんね。

建物内の展示空間としては、
日本最高所に位置しているようです。

通称は森美術館の英語名称である
Mori Art Museumの頭文字を取って、

MAM(マム)と呼ばれるようです。

森美術館の施設設計は、
アメリカ・ニューヨークのホイットニー美術館や、

ドイツ・ベルリンのグッゲンハイム美術館等を設計した、
リチャード・グラックマン(Richard Gluckman)なようです。

2003年10月に開館し、開館二年後までは
所蔵作品を持たない美術館だったようです。

初代館長は、
ストックホルム近代美術館館長等を務めた、

イギリス国籍のデヴィッド・エリオット氏が就任し、
日本国内で初めての外国籍美術館長となったようです。

展示作品の種類は、
企画される展覧会の内容により異なるようですが、

主に近代美術や現代美術が中心なようです。

入場料は、展示内容毎により
価格が異なることがあるようですが、

基本的には六本木ヒルズ森タワーの
展望施設である東京シティービューの入場料を

含んだ料金になっているようですね。

都会の真ん中に位置し、お買い物の途中にでも、
気軽に寄れる美術館と言えるかも・・・。

ミュージアムショップを覗いてみれば、
現代アート中心で楽しい品揃えになっているようですね。

美術館が気になる方は、
楽天で見てみて⇒美術館

森美術館までの道のり⇒森美術館

関連記事
国立西洋美術館?
六本木の国立新美術館?

スポンサードリンク

六本木の国立新美術館?

六本木の国立新美術館?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

六本木の美術館、国立新美術館と言うのは、
日本で五つ目の国立美術館として、

2007年1月21日に開館したようですね。

内外から人やモノ、情報が集まる国際都市、
東京に立地する美術館として、

美術を介して人々が様々な価値観に
触れる機会を提供し、

新しい文化の創造に寄与する、
というコンセプトなようですよ。

コレクションを持たず、
国内最大級の展示スペース(14,000u)を

生かした多彩な展覧会の開催、
美術に関する情報や資料の収集、公開、

提供、教育普及など、アートセンターとしての
役割を果たしているようです。

日本では、
新しいタイプの美術館と言えるかも・・・。

建物周辺の美しい緑と調和した、
波のようにうねるガラスの

カーテンウォールのような外観は、
人の目をひくようですよね。

館内には、充実したアートライブラリーや
ミュージアムショップ、一つのレストランと

三つのカフェなどを備えているようです。

館内のミュージアムショップでは、
ジャンルやスタイルの壁を超えて、

世界中のアーティストやデザイナー達が発する
エネルギーを紹介するコーナーになっているようです。

都心の新たな憩いの場として
注目を集めていると言えるかも・・・。

この、国立新美術館と、サントリー美術館、
森美術館の三館は、地図上で三角形を描く

六本木アート・トライアングル、として、
新しいアートの拠点になっているようですね。

六本木アート・トライアングルマップも製作され、
配布されているようですよ。

六本木美術館巡りといった、
新しい街の散策ができるようですね。

六本木の国立新美術館までの道のり⇒国立新美術館

六本木の国立新美術館が気になる方は、
楽天トラベルで見てみて⇒六本木 国立新美術館

美術館が気になる方は、
楽天で見てみて⇒美術館

関連記事
国立西洋美術館?
森美術館?

スポンサードリンク