スノーボードツアー?

スノーボードツアー?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スノーボードツアーには、日帰りツアーや宿泊ツアー、
直行バスツアー、宿泊(マイカープラン)、JR+宿泊ツアー等、

様々なプランが用意されているようですね。

中でもバスツアーは、普段仲間と滑っている人も、
いつも予定が合えば良いんですが、

予定が会わない時はバスツアーに参加してみませんか?

プランも夜発or朝発日帰りプラン、
宿泊付きプランといろいろ用意されているようですよね。

日帰りバスプラン、つまり、
往復バス利用で、宿泊個所での宿泊を伴わないプランは、

出発地・スキー場共に、朝に出発するもの、
夜に出発するものなどプランにより異なるようです。

ある旅行会社の例ですが、レンタルについては、
全て現地にて引渡しとなるようです。

スキーセットはスキー板、ブーツ、ストックとなり、
ボードセットはスノーボード板、ブーツとなります。

レンタルのサイズはブーツ22cm〜28cm、
スキー板は160cm〜185cm、ボード板は140cm〜160cm、

ウェアはS・M・Lの対応となるようです。

集合場所まで、
ボード用具を持っていくのが大変だなー、という人でも、

集合場所がいくつかあり、
シャトルバスでメイン集合場所まで運んでくれる、

という旅行会社もあるようですね。

又、スキー場が宅配便の荷物の受け取りや
引き渡しサービスを実施していれば、

スノーボードを宅急便で送ってしまうと楽ですよね。

もし、スキー場が対応していなくても、宿泊するプランなら
宿泊先に問い合わせてみると良いかも・・・。

又、車内は乾燥しているようなので、
飴やマスクを持参すると良いかも・・・。

スノーボード訳ありが気になる方は、
楽天で見てみて⇒スノーボード 訳あり

関連記事
スノーボードのワックス?
スノーボードのウェア?
スノーボードのブランド?
スノーボードの選び方?
スノーボード初心者?
スノーボードを楽しむ?

スポンサードリンク

スノーボードのワックス?

スノーボードのワックス?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スノーボードにワックスをかける目的は、
よく滑るようにする為と

滑走面の保護の為なようですね。

ワックスをかける場所は、ボードのソール、
雪面と接地する側なようですよね。

ボードのソールは、
ワックスが染みこむようにできているようで、

ソールに使われている素材は、
ある温度に暖めると開き、冷やすと閉じるようです。

スノーボードのスプレーワックスは、
簡単にワックスをかける事ができるようですが、

塗っただけだと抵抗が多くなり、
よけいに滑らないばかりか、そのままだと、

すぐにワックスが落ちてしまうようですね。

ですから、ワックスをかけたら乾燥させ、
その後でコルクを使ってソールを磨きます。

コルクですることによって、
摩擦熱でソールの素材を開かして

表面に塗ったワックスの成分を染みこませるようです。

ホットワックスかけには、アイロンを使うようですが、
温めると開く性質を利用して、

アイロンでワックスを融かしながら
ソールも温められるようなので、

ワックスが染みこむようです。

全体にかけたら、しばらく置いて冷やします。

冷やしたら、スノーボードのソール表面に
残っているワックスを削ります。

ホットワックスで使うワックスには、
ベース用とトップ用の二つあるようで、

一番最初にベース用のワックスをかけ、
次にトップ用のワックスをかけます。

初めにベースワックスをかけたほうが、ワックスの耐久性、
滑走ワックスの性能発揮に良いようです。

ですが、普通に滑走したり
ジャンプに挑戦したりする場合には、

滑走ワックスのみで十分すべる
スノーボードになるようですよ。

スノーボードのワックスが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒スノーボード ワックス

関連記事
スノーボードツアー?
スノーボードのウェア?
スノーボードのブランド?
スノーボードの選び方?
スノーボード初心者?
スノーボードを楽しむ?

スポンサードリンク

スノーボードのウェア?

スノーボードのウェア?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スノーボードのウェアと言えば、
ちょっとだぼだぼ系のオシャレなイメージがありますが、

ゲレンデでとってもオシャレな感じの
スノーボードのウェアを着ている人を見ると、

滑っていなくても、上手そうに見えるかも・・・。

スノーボードは、
ファッション性も高いスポーツなようですね。

ちょっと恰好つけたりして、
ゲレンデファッションも楽しみましょう(笑

スノーボードのウェアは、
普段着としても着れるようなので、

これからの寒い時期には本当にお勧めかも・・・。

スノーボードウェアーの選び方として、
デザインやカラーに関しては、

気に入ったものにするのが一番良いかも・・・。

流行などもあるようですが、
それはいずれ変わっていくものですよね。

ウェアの素材で重要なのは、
撥水性が良いという点なのでは・・・。

代表的なものは ゴアテックス (Gore-Tex) なようですが、
これはとっても高価なものになるかも・・・。

その他、東レやカネボウの撥水素材を使用した
ウェアの方がコストは安くなるようですが、

撥水性能も高いので良いようですね。

ベンチレーション機能は、ウェア内部の熱、
湿気を逃がす機能なようです。

価格が一万円台後半の物から付いているようです。

でも、付いていない物もけっこうあるようなので、
確認して購入して下さいね。

スノーボードのウェアーの腰内側あたりに、
雪進入防止のスカートが付いた物を選びましょう。

これが無いと、転倒したり座ったりするだけで
雪が入り込んで服が濡れてしまうようです。

ウェアーのデザイン、価格、機能は様々なようですが、
ネットショップなら新品未使用のニューモデル、

旧モデルなどが格安で販売されているようですよ。

スノーボードのウェアが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒スノーボード ウェア

関連記事
スノーボードツアー?
スノーボードのワックス?
スノーボードのブランド?
スノーボードの選び方?
スノーボード初心者?
スノーボードを楽しむ?

スポンサードリンク