スノーボードのワックス?

スノーボードのワックス?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スノーボードにワックスをかける目的は、
よく滑るようにする為と

滑走面の保護の為なようですね。

ワックスをかける場所は、ボードのソール、
雪面と接地する側なようですよね。

ボードのソールは、
ワックスが染みこむようにできているようで、

ソールに使われている素材は、
ある温度に暖めると開き、冷やすと閉じるようです。

スノーボードのスプレーワックスは、
簡単にワックスをかける事ができるようですが、

塗っただけだと抵抗が多くなり、
よけいに滑らないばかりか、そのままだと、

すぐにワックスが落ちてしまうようですね。

ですから、ワックスをかけたら乾燥させ、
その後でコルクを使ってソールを磨きます。

コルクですることによって、
摩擦熱でソールの素材を開かして

表面に塗ったワックスの成分を染みこませるようです。

ホットワックスかけには、アイロンを使うようですが、
温めると開く性質を利用して、

アイロンでワックスを融かしながら
ソールも温められるようなので、

ワックスが染みこむようです。

全体にかけたら、しばらく置いて冷やします。

冷やしたら、スノーボードのソール表面に
残っているワックスを削ります。

ホットワックスで使うワックスには、
ベース用とトップ用の二つあるようで、

一番最初にベース用のワックスをかけ、
次にトップ用のワックスをかけます。

初めにベースワックスをかけたほうが、ワックスの耐久性、
滑走ワックスの性能発揮に良いようです。

ですが、普通に滑走したり
ジャンプに挑戦したりする場合には、

滑走ワックスのみで十分すべる
スノーボードになるようですよ。

スノーボードのワックスが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒スノーボード ワックス

関連記事
スノーボードのウェア?
スノーボードのブランド?
スノーボードの選び方?
スノーボード初心者?
スノーボードを楽しむ?

スポンサードリンク

スノーボードのウェア?

スノーボードのウェア?これって、
気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スノーボードのウェアと言えば、
ちょっとだぼだぼ系のオシャレなイメージがありますが、

ゲレンデでとってもオシャレな感じの
スノーボードのウェアを着ている人を見ると、

滑っていなくても、上手そうに見えるかも・・・。

スノーボードは、
ファッション性も高いスポーツなようですね。

ちょっと恰好つけたりして、
ゲレンデファッションも楽しみましょう(笑

スノーボードのウェアは、
普段着としても着れるようなので、

これからの寒い時期には本当にお勧めかも・・・。

スノーボードウェアーの選び方として、
デザインやカラーに関しては、

気に入ったものにするのが一番良いかも・・・。

流行などもあるようですが、
それはいずれ変わっていくものですよね。

ウェアの素材で重要なのは、
撥水性が良いという点なのでは・・・。

代表的なものは ゴアテックス (Gore-Tex) なようですが、
これはとっても高価なものになるかも・・・。

その他、東レやカネボウの撥水素材を使用した
ウェアの方がコストは安くなるようですが、

撥水性能も高いので良いようですね。

ベンチレーション機能は、ウェア内部の熱、
湿気を逃がす機能なようです。

価格が一万円台後半の物から付いているようです。

でも、付いていない物もけっこうあるようなので、
確認して購入して下さいね。

スノーボードのウェアーの腰内側あたりに、
雪進入防止のスカートが付いた物を選びましょう。

これが無いと、転倒したり座ったりするだけで
雪が入り込んで服が濡れてしまうようです。

ウェアーのデザイン、価格、機能は様々なようですが、
ネットショップなら新品未使用のニューモデル、

旧モデルなどが格安で販売されているようですよ。

スノーボードのウェアが気になってる方は、
楽天で見てみて⇒スノーボード ウェア

関連記事
スノーボードのワックス?
スノーボードのブランド?
スノーボードの選び方?
スノーボード初心者?
スノーボードを楽しむ?

スポンサードリンク

スノーボードのブランド?

スノーボードのブランド?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

スノーボードには、
いろいろなブランドがあるようですね。

以前は、バートン(BURTON)が
ダントツのNo1の人気ブランドだったようですが、

最近では国産ブランドが人気となってきているようですね。

スノーボードって、
ファッション性も高いスポーツなようで、

昔のようにバートンがカッコイイと思ってる人は、
上級者の中では少なくなっているようですよ。

上級者は、特にブランドに関係なく、
どんなボードが欲しいかで

アイテムを選択する傾向があるようです。

これに対して、初心者の方の間では、
キスマーク(Kissmark)とバートンとで

人気を分け合っているようです。

見た目だけではない、本当に自分にピッタリの
ボードを選ぶことをお勧めします。

よく知られているスノーボードブランドは、
GENTEMSTICKで、北海道ニセコをベースに、

玉井太郎氏がプロデュースする
フリーライディングボードなようです。

BURTONは、誰もが耳にしたことのある、
スノーボード界を牽引する王道ブランドなようですね。

011 ARTISTICは、空前のジブブームに対応する
ジブ&グラトリ専用ボードなようです。

NOVEMBER OGASAKAは、新しいテクノロジーを満載した、
クオリティーの高い国産フリースタイルボードなようです。

MOSSは、1971年よりスノーボードを作り続ける
老舗ブランドなようですね。

K2は、フリースタイルからフリーライディングパウダーまでの
幅広いラインナップと斬新なテクノロジーを

絶えず発信しているようです。

YONEXは、カーボンテクノロジーを心材に搭載した
軽量スノーボードなようです。

へたりの少なさと、
反発の強さも特徴の一つとなっているようです。

どれかお気に入りのボードブランドを決めて、
馴染んでみてはいかがでしょうか。

スノーボードのBURTONの板が気になる方は、
楽天で見てみて⇒スノーボード BURTON 板

関連記事
スノーボードのワックス?
スノーボードのウェア?
スノーボードの選び方?
スノーボード初心者?
スノーボードを楽しむ?

スポンサードリンク